レンタカーの常識を理解していますか

レンタカーというのは普段頻繁に利用をするものではありませんから、レンタルにおける常識を知らないという人も少なくありません、知らなくても利用をすることは出来ますが、常識を知らなかったことによってトラブルが発生してしまったということにもなりかねませんし、損をしてしまうということもあるので利用するしないにかかわらず、常識をおさえておくと役に立ちます。常識といっても特別難しいことはなく、本当に一般常識でわかるようなこともあるので覚えることに苦労をするということもありません。最低限の知識を身に着けておくことによって、いざという時に便利に利用をすることが出きますから特に気をつけるべき点だけを注意しておけば、レンタルをする上で不安になるようなことはないのです。

返すときには満タンにしておくのが基本

レンタカーの最も基本となる常識としては、返却の際には満タンして返すというものがあります。借りるときには燃料が満タンに入っているので、同じ状態にして返すということがレンタルをする上で基本となる常識となります。ここで悩んでしまうのが、燃料を入れても店に返しに行く間に燃料が減ってしまうことになりますから、何処の時点で入れればいいのか悩んでしまうというものがあります。これはメーターでFのラインに達していれば多少の前後は問題とされないので、Fになっていれば問題ないと覚えておくと良いでしょう。燃料の入れ方にしてもあまりシビアに考えすぎる必要はなく、例えばセルフで入れるのであればオートストップがかかったところで十分なので給油口ギリギリまで入れなければならないということもありません。

予約をしなければ利用できないわけではない

レンタカーは予約をしておかなければ利用することができないのかと思っている人もいるかもしれませんが、これも必ずしも必要があるというわけではありません。その時に空きがあれば借りることはできるので、わざわざ予約をしなくても利用をすることはできます。ただし、GWのような繁忙期の場合には予約をしておかなければすでに車が出払っていて利用をすることができないということがありますから、予定が決まっているのであれば予約をしておくに越したことはありません。予約をした時にもうひとつ注意をしておきたいこととしては、キャンセルをする場合キャンセル料がかかってしまうことがあるということです。一般的なサービスと比較して、キャンセルに対する罰も大きい傾向にあるので予約をするときには予定がはっきりした段階で予約をするようにしましょう。