レンタカーはどんな時に活用できる?

車を所有していなくても車を所有していても、車が必要な時があります。その時はレンタカーで車を借りるのがよいでしょう。日本の場合レンタカーがわりと発展しているため、よほどの田舎でない限り車を借りることはそれほど難しいことではありません。車を借りる時には、免許証を提示すれば簡単に借りることができる点もカーレンタルがはやった理由の一つになります。また料金がほどほどに抑えられているというのも魅力です。グレードによっては1日借りても8000円以内のこともありますので、無理のない出費と言えるでしょう。また、車の種類もたくさんありますので、自分が希望している車を借り入れることができることも人気の理由です。では、レンタカーはどのような時に活用できるでしょうか。

旅行に行くときに活用する方法について

一般的にカーレンタルで車を借りる方法の一つとして人気があるのは、旅行に行く時です。車を持っている人の場合は、近場の旅行であれば自家用車を利用してもよいのですが、例えば本州に住んでいる人が北海道に旅行へ行く場合、自家用車を北海道に持っていくためには船に積み込まなければなりません。また海を渡るといった事情がなくても、距離が遠いと車を運転していくのは大変になります。ですが現地について車を利用した方がはるかに便利なのは言うまでもありません。その時に、車をレンタルすることで、無駄なく目的地を回ることができます。コンパクトカーや軽自動車であれば、料金も2泊3日で1万円から1万2千円程度で借りることができますので、かなり割安になります。プランによってはガソリンを満タンにして返さなくてもいい場合がありますのでチェックしてみましょう。

買い物をする場合や引っ越しをするときに利用する

日常的に買い物をする場合は徒歩や自転車・自家用車であっても、少し遠いところまで買い物をして荷物をたくさん買おう場合にはカーレンタルを利用することがあります。例えば自家用車が軽自動車のため、買い物をした時の荷物が入らない場合は、もうワンランク上の車にすることで目的を達成することができるでしょう。この場合、車をレンタルすることができれば、2回買い物に行かなくて済むためとても便利です。また引っ越しをする場合も、自分たちで行うのであれば軽トラックを借りたり、2tトラックを借りてもよいかもしれません。引っ越し会社にお願いするよりも自分たちでトラックを借りた方が2万円から3万円ぐらいが安くなる計算です。もちろんどのくらいの距離を移動するのかによっても異なりますが、いずれにしても車をレンタルした方が安くなります。