便利なレンタカーをどんどん活用しよう

私たちの生活には、車を不可欠の存在になってきました。ところが最近は車を購入することができない世代も増えてきています。車自体の値段が高くなったこともありますし、税金が増え維持費もばかになりません。しかも世の中は低所得の傾向があり、生活することもままならない人も増えてきており、車を購入することができても維持することができない傾向にあります。このような状態でも、車を必要としている世の中ですので、免許証さえあれば車に乗るメリットは大きいといえます。そこで利用する価値があるのがレンタカーです。レンタカーにもさまざまな種類があり、軽い買い物であれば軽自動車で十分ですが、7・8人で車に乗りあわせる場合は、ミニバンなどを借りることで対応することができます。では具体的にどのような活用場面があるでしょうか。

旅行に行く場合にレンタカーを借りる

一般的にレンタルで車を借りる場面はそれほど多くありませんが、やはり一番メジャーなのは旅行のときに借りる車ではないでしょうか。車を持っている人であれば免許証さえあれば、借りることもできますし、家の近くのレンタルの店で車を借りることも可能です。また車を持っている人でも、旅先が遠ければ車を利用せずに現地に行って車を借りることも可能です。旅先で車を借りる場合は、荷物が十分に積載できる車を選びましょう。旅に出る場合には、ふだん会社に行くのとは違い、どうしても荷物が多くなってしまう傾向があります。4人で移動する場合は、軽自動車では少し厳しいです。最低でもコンパクト化を借りるようにするべきです。それ以上の人数になる場合は、ミニバンを借りた方がよいでしょう。

引っ越しをする場合に車を借りる

私たちは、様々な事情により一生のうち何度か引っ越しをすることが多いです。引っ越しをする場合には引越しセンターにお願いをすると、荷物を運びだし、搬入までしてくれます。ですが引越しセンターを使う場合の問題点は費用が高くなることではないでしょうか。移動距離や荷物の量にもよりますが、一人暮らしであれば3万円から5万円、4人家族から5人家族であれば5万円から10万円ぐらいかかると考えておいて間違いありません。そこで、引っ越しをときには車をレンタルする方法があります。どうしても引っ越し会社に頼まなければ引っ越しができない場合を除き、自動車を借りた方がはるかに安く引っ越しをすることが可能です。例えば一人暮らしの場合は、軽トラックを一台借りれば引越しが可能です。費用も1日借りて7000円未満で収まるでしょう。