レンタカーを借りる際のルールとは

レンタカーをレンタルする時には様々なルールがあります。レンタカー会社からレンタルする際には注意があるので、その注意を守っていれば大丈夫です。ルールの内容ですが、一般常識の中で利用すればまず問題になる事はありません。しかしレンタカー会社の注意を忘れてついウッカリとしていたら大変な事になる場合もごく稀にあります。返却日を忘れた場合には追加料金がかかるのはもちろんですが、それ以外にも走行距離がレンタル会社の想定を遥かに超えていたり、人身トラブルなどを起こした場合にはレンタル会社を経由して多額の修理費や賠償金を支払う可能性があることを頭に入れておかないと、後々とても大変なことになる可能性がかなりあります。特に人身トラブルにだけは要注意となります。

走行距離は会社に確認が必要です

レンタル会社によっては想定した距離をオーバーした場合には追加の料金を請求する場合があります。その理由ですが、車は走行すると様々な部品を消耗します。その結果としてレンタル会社は修理費が必要になります。特に走行距離が100000キロをオーバーしている車だとエンジンオイルやオイルフィルターだけでなく、ドライブシャフトブーツなどかなり高額な部品を交換する必要があります。利用者が想定を超える走行をするとそのような整備をしなければ行けなくなり、レンタル会社としては自社が赤字経営になるのを防ぐために、利用者に対して整備費を請求する事になります。どうしても想定を超える走行をする必要がある場合には、超過分のレンタル代金についてよくよく確認しておく必要があります。

人や物とのぶつかってしまった時は

レンタルした車に限らず、一般の車でも人や他人の物に当てた時のために保険に加入しています。レンタル会社の車も同様に保険に加入してはいます。しかし利用料を下げるために最低限の保険にしか加入していない場合が殆どで、相手の賠償はできますがレンタル会社の車の代金までは出ない場合がほとんどです。そのためトラブルを起こし、車を破損させてしまった場合には利用者が自費で修理しなければならなくなります。またレンタル会社にもよりますが、相手への賠償金も上限を設けている場合があり、そのような場合には相手への賠償金も支払う必要が出てくる場合もあります。普段の運転でもこのようなトラブルはいけませんが、レンタル会社から車をレンタルしている場合には特に注意しておく必要があります。

いつでもお得に簡単に。ネットからのご予約でいつご予約されても5%Off。 車種もたくさんご用意しておりますのでお客様の希望に沿った車をレンタルして頂けます。 ご予約はインターネット・お電話・ご来店すべて対応しております。不明な点はお気軽にお問合せ下さい。 当社ならではのたくさんの車種をご用意、格安で車レンタルおこなっております。 レンタカーをお探しの方は【イツモレンタカー】へ